■訪問者数

■旨魚料理レシピ

■レシピブログ

■魚種別釣行記検索

■魚種別攻略ガイド

■まるかつ釣り日誌(HP)

釣行予定表があります

■おさかな図鑑

釣った魚の写真と生態等を紹介

■最新記事
■プロフィール

まるかつ水産

Author:まるかつ水産
まるかつ
東京生まれ。もともと凝り性な性格で食いしん坊な事から、海の船釣りに嵌り込む。仕掛け、小物、竿、イカ角投入器、磁石板などを自作する事も特徴で、釣魚料理まで含め趣味の幅を拡げ、荒天時に釣りにいけない場合の楽しみ方を紹介する活動も行っています。

■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■更新情報 RSS
■ブログ村 

【押してみてね!】

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【旨魚料理】ハナダイのスープ
大量の頭と腹骨を使ってスープを作りました。

ハナダイのスープ3




ごま漬けをたくさん仕込んだら、ハナダイの兜と中落ちが大量に...。

捨ててしまうのも忍びなく...

キッチンの流し下に仕舞ってあった寸胴鍋をひっぱり出して、スープを作る事にしました。

手間が掛かりますが、雑味が出ないように目玉とエラを取り除き、血合い部分をきれいにします。

鍋に水を張り、兜と腹骨部分に加え長ネギの青い部分、生姜、セロリの葉を加えて火にかけます。

スープ作成開始1

具としてハナダイの切り身を一口サイズに舞茸をほぐし、セロリの葉を刻んでおきました。

スープの具2

沸騰してくるとアクが出てきますので、丁寧に取り除き強く沸き過ぎないように火加減に注意します。

アク取りは何回も繰り返し、15分程煮出したら出来上がり。

スープ作成完了1

ザルとペーパータオルで濾してやります。

だしがら1

するときれいな琥珀色のスープが完成。

金色のスープ2

量が多いので小鍋に取り分け、用意しておいた具を入れて一煮立ち、塩と粗挽きコショウで味を整えます。

火が通った所で器に盛り付けます。

当初スープ皿を使う事を想定していたんですが、まるかつは一杯飲むのに対して女性陣はご飯。

「スープ皿じゃ食べにくいわ!」

というつるの一言で却下...、お椀で供することになりました。(絵的にちょっとね)

滋味とはこのためにある言葉...そんな感想が頭に浮かびました。

手間を掛ければ美味しい物は作れるんですね。明日はこのスープでリゾットにしてみましょう!



ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ



にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ



スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

旨魚料理 | 06:00:00 | コメント(4)
コメント
No title
!!そうか! 目玉も取るんですね!
エラとワタは完全に取り除き、あばら骨の内側の黒いワタも歯ブラシで
きれいに掃除してから作りましたが、目玉は取らなかったです。
それでも十分美味しかったですが、次回は目玉も取ってやってみます。(^.^)
2016-01-14 木 08:23:13 | URL | スパ郎 [編集]
ハナダイのスープ
この冬は暖冬ですが
急に冷えてきました
そんな時
・「ハナダイのスープ」
いいですね
やはり味の決め手は香味野菜ですね
まるかつさんの愛情スープがあれば
寒さも吹っ飛んでしまいますね
2016-01-14 木 10:11:17 | URL | 天和 [編集]
No title
スパ郎さん>
我が家では目玉が溶け出したどろりんちょが不人気なもので、くり抜いちゃうんですよ。
だから煮付けも目玉無し...見栄えは悪いけどね。
ハナダイもさすが鯛族、スープが美味しいね!
2016-01-15 金 08:14:10 | URL | まるかつ [編集]
No title
天和さん>
潮汁の時はだし昆布だけなんですが、スープとなると香味野菜は欠かせませんね。良いスープが取れましたよ、そのまま飲んでも良し、料理に使っても良しです!
愛情スープ...褒め殺しだねぇ。
2016-01-15 金 08:17:30 | URL | まるかつ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PAGE UP

FC2Ad

まとめ