■訪問者数

■旨魚料理レシピ

■レシピブログ

■魚種別釣行記検索

■魚種別攻略ガイド

■まるかつ釣り日誌(HP)

釣行予定表があります

■おさかな図鑑

釣った魚の写真と生態等を紹介

■最新記事
■プロフィール

まるかつ水産

Author:まるかつ水産
まるかつ
東京生まれ。もともと凝り性な性格で食いしん坊な事から、海の船釣りに嵌り込む。仕掛け、小物、竿、イカ角投入器、磁石板などを自作する事も特徴で、釣魚料理まで含め趣味の幅を拡げ、荒天時に釣りにいけない場合の楽しみ方を紹介する活動も行っています。

■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■更新情報 RSS
■ブログ村 

【押してみてね!】

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【旨魚料理】アカムツ茶漬け
だしが決め手、茶漬けと言ってもお茶じゃないよ。

アカムツ茶漬け2




アカムツ茶漬けを食べようと思ったら、前日から準備が必要です。

三枚に下ろしたアカムツの身に塩をふり、ピチットシートに挟んで一夜干しを作ります。

アカムツの一夜干し2

小骨が無い方が都合良いので、尾側(写真の右の身)が適していると思います。

翌日、お茶漬けの決め手になるだし作り。

惜しげもなく頭を使ってだし昆布と水から煮出します。

アカムツだし1

「あぁ兜煮が食べられたのに...。」

なんて言わない事。美味しい物を食べようと思ったら、この位仕方ないですね。

お茶漬けにすると、だしが美味しいので、必ずだし汁だけお替りしたくなります

だから水の量は多め、しっかり2杯分は作っておきましょう!

沸騰する直前にだし昆布を引き上げ、沸騰したら火を弱めアクを丁寧に掬いながら煮出していきます。

最後に兜を引き上げて、日本酒少々、醤油数滴と塩で味を調えます。

前の日に仕込んでおいた一夜干しを取り出し、フライパンで焼きます。この時油等は必要ありません。

焼く1

フライパンをしっかり空焼きすれば、くっつくこともありませんし、自身から染み出る脂で焼き上げます。

火加減は弱火、じっくりと火を通します。

焼いている間に三つ葉を数本刻んでおきましょう。白い軸の部分は1cm程度に、緑の葉の部分は荒く刻みます。

アカムツが焼けたら、小丼に軽くご飯をよそいアカムツをほぐしながら盛り付けます。

ご飯にアカムツを乗せて1

だしをもう一度火にかけ、熱々を注いで三つ葉を散らしたら完成です。

簡単そうな料理ですが意外と手間がかかります。

しかし、一口すするとかけた手間暇は吹っ飛びますよ!!

お茶漬け界のスーパースターだね。



ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ



にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ



スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

旨魚料理 | 06:00:00 | コメント(2)
コメント
アカムツ茶漬け
贅沢ですね
お茶ではなくてお出汁をかけると思いましたよ
酒飲んだあとの〆に最高(笑)
2016-02-23 火 09:13:31 | URL | 天和 [編集]
No title
天和さん>
やはりお茶じゃね...。
締めには最高でしょうが、これで締めるためには何をつまみに飲むか?が問題ですね!
2016-02-23 火 11:53:24 | URL | まるかつ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PAGE UP

FC2Ad

まとめ