■訪問者数

■旨魚料理レシピ

■レシピブログ

■魚種別釣行記検索

■魚種別攻略ガイド

■まるかつ釣り日誌(HP)

釣行予定表があります

■おさかな図鑑

釣った魚の写真と生態等を紹介

■最新記事
■プロフィール

まるかつ水産

Author:まるかつ水産
まるかつ
東京生まれ。もともと凝り性な性格で食いしん坊な事から、海の船釣りに嵌り込む。仕掛け、小物、竿、イカ角投入器、磁石板などを自作する事も特徴で、釣魚料理まで含め趣味の幅を拡げ、荒天時に釣りにいけない場合の楽しみ方を紹介する活動も行っています。

■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■更新情報 RSS
■ブログ村 

【押してみてね!】

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【旨魚料理】ハチカサゴの胃袋と肝の佃煮
オニの佃煮と食べ比べ!!

ハチカサゴの胃袋と肝の佃煮3





オニの胃袋と肝の佃煮は既に何回も作り定番化。

今回はハチとオニ両方が揃ったので、同じ味付けで食べ比べをしてみようと思いました。

さすがに内臓の大きさは図体の大きさに比例するようで、

ハチカサゴの胃袋と肝1
ハチカサゴの胃袋と肝

これは取り出したばかりの画像です。

日本酒に浸して冷蔵庫に一晩おいた物が、

ハチとオニの胃袋と肝1

右がオニカサゴの胃袋と肝です。

どちらも同じフサカサゴ科の魚なので、不味い訳はありません。

ハチカサゴはボリュームがある分、お味はどうでしょうか?

胃袋は開いて良く洗い、表面の粘膜もきれいに取り除きます。

胃袋はやや長めの時間湯がく感じ、肝は短時間熱湯にくぐらせる感じで下処理は完了。

ハチとオニの胃袋と肝湯引き後1

左がハチカサゴ、右がオニカサゴです。

ハチの胃袋は口に近い部分が赤いのが特徴ですね。肝の色もオニよりも濃いように思います。

胃袋は細く刻みますが、切っている感触がハチの方が少しだけ柔らかいです。肝のぷりんぷりん度は遜色なし。

日本酒・味醂・醤油・砂糖の煮汁で生姜たっぷり、鍋は分けて作ります。

煮汁はまとめて作り分け、生姜の切り方は変えてみました。

煮る1

煮汁を煮詰めるような感じで鍋を回しながら煮上げれば完成。

冷ましたら保存容器入れて冷蔵庫に入れます。食べるのは夜までお預け、しばし寝かせた方が味が良くなります。

保存容器に入れて1

見た目はハチもオニも区別がつかない状態ですね。

さて実食!!うーんどちらも旨いわ!!

やはりオニの肝が濃厚さでやや勝るかな?胃袋はオニの方が弾力が強いです!



ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ



にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ



スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

旨魚料理 | 06:00:00 | コメント(2)
コメント
天和
私の大好きな料理です
だけど
この料理には欠点があります
そう 尿酸値の高い私には
痛風の心配が・・・
だけど
ハイボールと一緒に(笑)
・「生姜たっぷり」
この生姜も大好きです
2016-05-20 金 11:42:43 | URL | ハチカサゴの胃袋と肝の佃煮 [編集]
天和さん>
可哀想に、、、。
でも料理の欠点ではありませんよ。食べられない人の体調の欠点です。
まるかつは色々欠点指標がありますが、なぜか尿酸値はセーフ、美味しく食べちゃいました!
2016-05-20 金 17:01:19 | URL | まるかつ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PAGE UP

FC2Ad

まとめ