まるかつ水産 旬の旨い魚を自前調達
釣行記(海・船釣り)と釣ってきた魚の料理記事が中心のブログです。
訪問者数



旨魚料理レシピ



レシピブログ



魚種別釣行記検索



魚種別攻略ガイド



まるかつ釣り日誌(HP)

釣行予定表があります



おさかな図鑑

釣った魚の写真と生態等を紹介



最新記事



プロフィール

まるかつ水産

Author:まるかつ水産
まるかつ
東京生まれ。もともと凝り性な性格で食いしん坊な事から、海の船釣りに嵌り込む。仕掛け、小物、竿、イカ角投入器、磁石板などを自作する事も特徴で、釣魚料理まで含め趣味の幅を拡げ、荒天時に釣りにいけない場合の楽しみ方を紹介する活動も行っています。



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



更新情報 RSS



ブログ村 

【押してみてね!】

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



【旨魚料理】オニカサゴの醤油麹バター焼き
旨い魚に旨い調味料の組み合わせ!!

オニカサゴの醤油麹バター焼き3


骨付き半身をジップロックに入れて醤油麹に一晩漬けておきました。

醤油麹に漬ける1

背びれなどはニッパーなどで根元から切っておきます。そうしないとジップロックに穴が開いてしまいますからね。

半身はお刺身とお寿司で食べちゃいましたが、我が家はこんな食べ方が多いんです。

これを翌日じっくりと焼き上げます。

と言ってもグリルで焼くのではありません。

オーブンを使ってバター焼きにします。

醤油+麹...旨いけどどちらも焦げやすいんですよ、バターで焼くのも焦げやすい...。

かなりハードルが高い、焼いている間一時も目を離す事は出来ません。

円形のターンテーブルに魚焼き専用ホイルを敷き、醤油麹を軽くふき取ったオニカサゴを並べます。

上にバターを少量乗せて準備完了。

多少の焦げは妥協しようと焼き始めました。

温度は200度、時間は12分、オーブンで焼くのが一番焦げにくく漬け魚をきれいに焼くことができます。

時間はかかりますが、じっくり焼き上げましょう。

フライパンでバター焼きにするのと違い、バターの風味がほんのり香る程度です。

シンプルだけど美味しいオニの食べ方ですね!!

発酵食品、先人の知恵には頭が下がります。



ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ



にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ



スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用


コメント
No title
まるかつさん この記事見逃してました。<(_ _)>
これは(も)美味しいでしょうね。
もう堪りません級ですね。オニは火を通すと、生
食とはまた違うおいしさですよね!(^^)!
降参です。
[2016/07/28 23:03] URL | しおどめ #- [ 編集 ]

No title
汐留さん>
醤油麹という調味料、それ自体の旨みも凄いのですが、オニの美味しさを増幅させる力を持っています。
そこにバターを少し、照りが出て味が複雑になり最高でしたよ!!
[2016/07/29 08:08] URL | まるかつ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する