■訪問者数

■旨魚料理レシピ

■レシピブログ

■魚種別釣行記検索

■魚種別攻略ガイド

■まるかつ釣り日誌(HP)

釣行予定表があります

■おさかな図鑑

釣った魚の写真と生態等を紹介

■最新記事
■プロフィール

まるかつ水産

Author:まるかつ水産
まるかつ
東京生まれ。もともと凝り性な性格で食いしん坊な事から、海の船釣りに嵌り込む。仕掛け、小物、竿、イカ角投入器、磁石板などを自作する事も特徴で、釣魚料理まで含め趣味の幅を拡げ、荒天時に釣りにいけない場合の楽しみ方を紹介する活動も行っています。

■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■更新情報 RSS
■ブログ村 

【押してみてね!】

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【旨魚料理】チカメキントキの天ぷら
下拵えは大変ですが、報われる美味しさです!!

チカメキントキの天ぷら2




チカメキントキは旨い魚ですが、ウロコが細かく非常に取り難いのが玉にキズ...。

刺身にするならウロコ付きで捌いて、皮を引くと言う手もあるんですが。

しかし、この皮が美味しいので煮たり焼いたりする場合は一生懸命ウロコ落としをする訳です。

普通に庖丁でこするなんてやり方は通用しません。専用ウロコ取りやペットボトルの蓋、小出刃の切っ先を総動員してウロコを取ります。

5匹下拵えするだけでグッタリするほどですよ...。

今回はこの皮を活かして天ぷらにしてみましょう

身は絶品なのは承知済み、皮だけ揚げても美味いので両方一緒の天ぷらなら絶品でしょう!!

ペーパータオルで包んで一晩寝かせたキントキを三枚に下します。

チカメキントキを下ろす1

腹骨を取ったら、血合い骨の部分を避けて五枚に下します。

五枚下ろし1

これで準備は完了。

お供には野菜も、茄子・ピーマン・人参を彩りを考えて用意しました。

チカメキントキの天ぷら1

あとは冷たい水で天ぷら粉を溶いて、180度の油で揚げます。

パチパチ音がしていたのが小さくなったら上げ時です。(水分が抜けてきた証拠)

山椒塩、一味塩を用意して噛り付きます。

予想通り皮がパリッと衣を通しても主張してきます!!

もちろん白身は悶絶の美味さ。一流天ぷら店でも、このネタは出ないでしょうね。

マイナーな魚だけに知る人ぞ知るであります。



ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ



にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ



スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

旨魚料理 | 06:00:00 | コメント(4)
コメント
天婦羅か~
そんなに鱗取りが大変なんですか~

皮目が旨い赤い魚を天婦羅!

どうにもそそられる!
2016-09-27 火 09:21:03 | URL | うぞっ [編集]
No title
天ぷら、旨そうですね。
生が旨すぎて、カマと兜の煮付け、チビの塩焼き以外、デカいの2匹は火を入れることができません。
やっぱり、あと2~3枚ほしかったなぁ・・^^;;
って、翌日から大爆釣ですね。
2016-09-27 火 18:25:34 | URL | すずきん [編集]
No title
うぞっさん>
もう行きたくて、食べてみたくて堪らなくなってるんじゃない?
我々が行った直後から釣果も良くなっているみたいだし、チャンスかもよ?
2016-09-28 水 08:00:45 | URL | まるかつ [編集]
No title
すずきんさん>
やっぱり!!
もう少し欲しかったって思ってるんじゃないかと...。
刺身はもちろん絶品だけど、天ぷら・塩焼きも最高レベルですね!!
もう一度行きたくなってます。
2016-09-28 水 08:02:29 | URL | まるかつ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PAGE UP

FC2Ad

まとめ