■訪問者数

■旨魚料理レシピ

■レシピブログ

■魚種別釣行記検索

■魚種別攻略ガイド

■まるかつ釣り日誌(HP)

釣行予定表があります

■おさかな図鑑

釣った魚の写真と生態等を紹介

■最新記事
■プロフィール

まるかつ水産

Author:まるかつ水産
まるかつ
東京生まれ。もともと凝り性な性格で食いしん坊な事から、海の船釣りに嵌り込む。仕掛け、小物、竿、イカ角投入器、磁石板などを自作する事も特徴で、釣魚料理まで含め趣味の幅を拡げ、荒天時に釣りにいけない場合の楽しみ方を紹介する活動も行っています。

■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■更新情報 RSS
■ブログ村 

【押してみてね!】

にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【旨魚料理】イナダのオリーブオイル焼き
脂が無ければ油を足しましょう。

イナダのオリーブオイル焼き3




クロメバル釣りの外道で釣れたイナダ君。

初夏のこの時期にイナダを釣った事も食べた事もありません。

船長は「この時期のイナダは不味いぞ~。」

と言っていましたが、確かに刺身で数切れ食べてみましたが脂は感じません。新鮮でコリコリした刺身は悪くはなかったですが...。

そこでサバなどで脂が無い魚に良くやる手で!!

脂が無ければ油を足して料理してやれば良いのです。

パサパサの魚を我慢して食べたり、せっかく持って帰ってきた魚を捨てるよりもまだマシですね。

三枚に下ろして腹骨を好き取った半身を半分の切り身にして塩コショウで下味を付けます。

下味を付ける2

フライパンにオリーブオイルを温め、身側から焼き始めます。

焼く1

敢えて小麦粉などは付けずにそのまま焼きます。

表面がカリッとするくらい火を通したら返して皮側も焼いていきます。

焼く4

ここで蓋をして中まで火を通します。

激旨とはいきませんが、十分に一回分のオカズには...。

イナダさん、ご馳走様でした。

宮田丸の船長はこんな食べ方知らないだろうな?



ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ



にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ



スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

旨魚料理 | 06:00:00 | コメント(4)
コメント
おはようございます。
一般的に刺身で食ったときの評価が、
そのままその魚の評価になっている場合が多いですよね。
刺身も良いですが、
魚は火を通すとさらに旨いですよね。
カモシで釣った大型マダイも色々料理してますが、
バカ旨です。
2017-05-23 火 08:32:27 | URL | ヨシケン [編集]
まるかつさん
なるほどね〜
魚って言うと、どうしても生食をメインに考えがちですが、素材に足し算するのが料理ですものね(^^)
2017-05-23 火 12:06:12 | URL | なべ [編集]
ヨシケンさん>
刺身は魚本来持つ味・旨みを知るには良い料理ですね。
火を通すと味や食感が変化する魚も多いです。大ダイなどはその代表じゃないですかね。刺身では2~3kgの方が上でしょうが、切り身の焼き物や煮付けなどはダイの方が美味いですよね。
2017-05-24 水 07:09:14 | URL | まるかつ [編集]
なべちゃん>
サバの味噌煮なども、脂乗りが悪い時はゴマ油を加えて作ることもありますよ。カルパッチョにオリーブオイルも良い食べ方ですよね。
2017-05-24 水 07:12:00 | URL | まるかつ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PAGE UP

FC2Ad

まとめ