FC2ブログ

【旨魚料理】フッコの刺身

この時期はフッコやセイゴの方が美味しいんだそうですよ。

フッコの刺身4

スズキは出世魚。

セイゴ→フッコ→スズキと名前が変わります。

帰港後、船から降りて温かいおしぼりで手を拭きながら、大船長の話を聞きました。

大船長 「今の時期はよ、大きいスズキも小さいフッコやセイゴも値は同じなんだよ。

あまり型が出なかったので負け惜しみなのかと思いましたが、話の続きを聞くと、

大船長 「網でスズキを獲って生かして市場に出しても、フッコやセイゴを氷にして出しても値段は同じ。」

まる 「それはどういうことなの?」

大船長 「スズキは産卵直後だから身が緩んで美味くないんだよ。それなら小さい魚の方が身が締まっているし脂もあって旨いんだよ。」

まる 「なるほどね。」


大きなスズキはいないので食べ比べる事は出来ませんが、フッコで美味しい刺身かどうか検証してみましょう!!

下拵えして三枚に下ろし、頭に近い部分を柵取りします。

フッコの柵2

血合い骨の所で背と腹に切り分け、皮を引いて刺身に造ります。

こちらが背身。

フッコの刺身背身4

こちらが腹身です。

フッコの刺身腹身3

大船長の話を聞くまでも無く、

さっぱりした中にも滋味あふれる良い刺身でした。

久しぶりの釣り魚のおさしみだったせいもあるかも??



ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ



にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

うわあ~これは美味しそうですね。!(^^)!
江戸前のスズキのお刺身は、高級魚ですから。。。いい色、艶ですね。
ジギングは、やったことがないのですが
こういうのを見てしまうと。。。(^_^.)

しおどめさん>
大きくもなく、小さくもないフッコサイズを刺身にしましたが、程よい脂の乗りで美味でした。
白身ですが身は硬くありませんし、舌触りも秀逸でした。東京湾奥の魚も捨てたもんじゃないですね。スズキがたくさん獲れる名だたる漁場だそうですから!
シーバスジギングはただ巻きですので簡単ですし楽です。オヤジガーには最適ですよ。