FC2ブログ

【伊豆・須崎】令和初釣りは大修行...

釣行日 :2019/05/01
天候  :曇り一時晴れ・大シケのちややシケ
場所  :須崎 三昭丸
ポイント:利島沖、新島沖
同行者 :ぴーぽん、かんこさん、いとうちゃん、ヨシパパさん、あかべーさん
-----------------------------------------------------------------
せめて魚も10連休でないことを祈りたかった...

今日のタックル1

GWの長期予報では5/1は良い天気のはずでした。

しかし日が近づくにつれ、予報は悪い方に変化...。

全日の船宿確認では中止かと思って電話したのですが、

女将 「良くなる方向だし、船長も出たいって言ってるわ。」

との判断で出船決定!!

23時にいとうちゃんに迎えに来てもらい須崎を目指します。

しかし道中小雨模様、更に近づくにつれ風も吹いてきます。

道は混んでおらず集合1時間前の2時には到着してしまいました。

徐々に皆さん集まってきて、

「絶対中止だと思ったよ。」

「ここは風裏だからさほどでもないけど、沖はうねうねだよ。」

「雨予報だし間違いなく大修行ね。」

「行きたくないなぁ。」

「中止にしてもらうようにお願いしようよ。」


ネガティブ発言のオンパレード...。

追い打ちをかける様に女将さんから電話があり、

風が強いので他の船の様子見をしているから、

荷物を車から下ろさないで港で待っていて

との指示が。

30分ほど待機後船長と女将さんが到着して、出ると修行宣告...。

参加者の総意を伝えて中止にしましょうとお願いしたのですが、

折角ここまで来てくれたんだから頑張っていきましょうよ!!

と説得されてしまい準備をすることに。

今日の座席はいつも通り??大ミヨシ1番です...。

と言うか誰も前には行きたがらないので仕方なくと言う感じです。

フルレンタルの3名は胴の間にセッティングをお願いしていたので、

前から、まるかつ、いとうちゃん、ぴーぽん、ヨシパパ、かんこさん、あかべーさんと予約順に入りました。

仕度を終えてキャビンで横になり出港、予想通り大揺れです。

嫌な気分がしていましたが次第にうとうとして、かなりの時間をかけて利島と新島の中間辺りに到着しました。

激しい上下動の中、投入準備をしますが強烈に吹き付ける風と波しぶきで戦意はダダ下がり...。

しかしせめてものラッキーは雨が降っていない事でした。

緊張感の中第一投。

480mで着底、650m位まで糸を伸ばしますがアタリも生体反応も無く空しい巻き上げ。

これを第1投~第6投まで繰り返します。

移動中も大揺れ、新しい仕掛けの準備に使用済みの仕掛けの片付けをするのが精一杯。

もちろん何も食べる気は起りません、お茶を飲むのがせめてでした...。

この頃になって少しだけ風・波も収まってきました。

片舷6人

第7投、糸を送っている時は全くアタリは無かったんですが、巻きに入ると本日初めての生体反応が!!

しかし巻き上げて仕掛けを手繰ってみると、

ユメカサゴとキンメの頭1

サメに齧られて頭だけのキンメとデカユメカサゴが2匹。

一瞬赤い影が見えて喜んだのですが、がっかりでした。

最終第8投も期待空しくスカで、

令和初釣りは傷心と共に幕を閉じたのでした。

3~6番の人は何とか本命を1~3匹確保できたようですが、前の二人は本命オデコ...。

少し静かになったとは言え、バッタンバッタンの海を帰港しました。

港に戻ると、

出船前「沖も次第にナイで来るしさ、こちも商売だから。」と息巻いた船長も終始無言。

「申し訳なかった、行かない方が良かったみたいね。」と女将さんも平身低頭でした。

釣れる釣れないは自然相手で仕方無いのですが、久しぶりの大シケは辛かったですね。

誰もシンガポールに旅立つ事無く、8投全てできたのが救いでした。

先日のメヌケアコウも港解散、今年の深場は前途多難みたいです...。


【今日の獲物】
キンメダイ(1)頭だけ
ユメカサゴ(2)27~30cm

【今日のお料理】
ユメカサゴ:刺身、酒蒸し

【今日のタックル・仕掛】
竿:alpha tacle DEEP INPACT WHXⅠ
リール:ミヤマエコマンドX・9SP PE12号1400m
オモリ:2kg鉄筋
仕掛:胴突き20本バリ、幹糸28号枝間180cm、ハリス14号70cm、ムツ19号、捨糸14号300cm、ヨリトリ具、中オモリ

【エサ】
カツオハラモ、スルメ短冊
【費用】
乗船料 17,000円

【交通費】
1,500円(3人割り勘)



ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ



にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様でした~。
予約順に座ったのですね、ポイントに着いてあの海だったので大艫指定してくれてよかった~って思いましたw
遠目にまるかつさんに赤い魚が上がったのが見えたのでてっきり本命かと。。。
出船前にまるかつさんが「こういう時はスゴくいいかスゴく悪いかどっちかなんだよ」って呟いてたのが耳に残ってます^^;;
懲りずにまた行きましょう。

お疲れさまでした。
出港前に中止をお願いしたのに説得されて出船というのは、ちょっとキツイですね。
船宿が商売であることはお客さん側もよく分かっていて、それでもお願いするにはそれなりの事情がありますよね~。

No title

皆さんお疲れ様でした。
今回もちょっと辛い修行でしたが、早く悟りが開けるようにこれからも頑張ります。
でも思っていたより、高速も混雑しておらず、早く帰る事が出来ました。(道具を置くため、東京に寄ってから帰宅)
絶対に「キンメのズラ、ズラ、ズラ」をするまで諦めませんので、また、宜しくお願い致します。

No title

スンゴイ修行で 本命なし
新年号いっパつめ キッツイ釣行でしたね~
っでも 商売だから!って ちょっとは
こちらサイドのことも 考えてほしいっすよね~--;
お疲れ様っした<(_ _)>

No title

幹事さんの辛いところですね
多数決で出船したくない人が多かった場合、幹事さん特権で
船宿さんを説得出来たらよかったんですけどねー
いややっ、しかしこの海でシンガポールに行かない強者ばかりだから
やっぱり出船を選んじゃうかな・・・
お疲れさまでした。

No title

あかべーさん>
往復運転にシケの海での大修行、お疲れさまでした。
これで懲りる位ならば、とっくに釣りを卒業してますよ。(笑)
釣れても釣れなくても止められないから不治の病なんです。
今回は全て悪い方に転がってしまいました。
そんな中、本命を手にできた方々は幸運だと思います!!

No title

ヨシケンさん>
集合時間に船長と女将さんが来ない時点で、気持ちはかなり...。
元々無理はしないタイプの船長とお客の気持ちはわかってくれる
女将さんであることは判っていたので困りました。
参加メンバーにも、「行くと言うなら行こうか。」と言う気持ちが
あったからだと思います。

No title

ヨシパパさん>
レンタカーまで借りて臨んだのに、残念な結果でした...。
(まだ本命の顔を見れたのでまだマシでしたけどね。)
今シーズンは深場が上手く行かないですね。次回のメヌケリベンジが
ちょっと心配ですが。
いつの日かキンメずらずらの夢は叶うでしょう!!
そして大型リールにごつい竿を手にしちゃうんでしょうね。(笑)

No title

マルッチPPさん>
これで大漁ならば、勝てば官軍なんですけどね。
船宿側もぎりぎり出船可能なのに穴を開けたくないし、
折角遠くまで来てもらって...と言う気持ちがある。
お客側は、出れば間違いなく大修行。そして釣れなかったら
大枚を海に捨てる事になってしまう。
という気持ち同士のせめぎあいでした。
まあ釣れるか釣れないかは自然相手なので何とも言えないんですが、
悪い予感が当たってしまったという事ですね。

No title

きよりんさん>
今回はホント判断に苦しみました...。
参加者の事前相談では「やめておこう!」と一致したのですが、
船長と女将さんの説得で、「そこまで言うなら。」という
雰囲気に流れて行きましたからね。
正直な所、前日15時頃の160本の針にエサを付ける前に
中止の決定ができるのが正解だったかもしれません。
実際出船していない(お客が来ていない)船が結構ありました。
風も想定よりも悪くなってしまいましたからね。

No title

まるかつさん お疲れ様でした。<(_ _)>
こういうときは、お土産くれて、”また今度海のいい時に来てくれ”
というのも商売なんだと思うのですが。。。
本命1本は獲りたかったですね。次回!(^^)!

No title

まるかつさん、
相当な悪天候だったようですね。
修行な釣行もキツイですし、須崎まで行って港解散もキツイですし、こういう天候の時は難しいですね。
しかしキンメしか食わないとはサメもグルメだなぁ。

No title

しおどめさん>
>”また今度海のいい時に来てくれ”
>というのも商売なんだと思うのですが。。。
ほんと、その通りだと思いますよ。ついつい本音が出て
締まったんでしょう。
それで無理して出て釣れれば良かったという事になるんですが
海の女神様はそれほど甘くはなかったという事で...。

No title

りんりんパパさん>
雨と大シケのダブルを覚悟したんですが、何故か雨には
たたられず、シケだけで済みました。
しかし久々の大シケで、ミヨシ席は恐怖を感じる位でしたよ。
巻き上げ終了して20本手繰るのに立っているだけで大変。
唯一のキンメは顔だけ残して見事にパックリ食われていました。
よりによって...と言う感じですよ。

No title

日記を読んできて気分が滅入ってきました。。
まるかつさんすら気持ちを保つだけでなんて言葉が出るなんてかなりの海だったのですね。
しかも空振りにサメカジリとは。。。
私が行っていたら楽勝で海外旅行ですね。。。
お疲れさまでした!

No title

今やん>
久々に凄い海でした...。
今やんだったら間違いなく即死だったでしょうね。
と言うか出る前に強く中止を主張して、沖に行かない
決断につながったかもしれません。
更にアタリが無く、サメに齧られる被害もあって、
悲しい結果になってしまいました。

No title

すっかり遅いコメントで恐縮です。
令和初の釣りが大変な釣りになってしまいましたね。
引くに引けず沖に出て、一番座りたくない舳に乗り、
魚っけのない海に作業のように何度も仕掛けを投入し、
やっと掛けた唯一のキンメをサメに、、、。
涙なしには読めませんでしたが、事故なく無事に
おうちに辿り着けたのが唯一の救いですね。
お疲れ様でした。

No title

スパ郎さん>
前線がもろに日本列島に乗っかっている状態で出船しては
いけなかったと言う事でしょう。
想定通りの結末になってしまったと反省しきりです。
空しく仕掛けの投入と回収を繰り返すだけで、もちろん
楽しくは無かったですよ。
船長と女将さんも良い人たちなので、借りができたと
思ってもらえば、次回以降に期待できますね!!