FC2ブログ

【旨魚料理】アコウの砂ずりの酒蒸し

落とした腹骨部分も十分食材に!!

アコウのすなずりの酒蒸し1

砂ずりとは、魚の腹の肉を指す言葉です。

魚を三枚に下して、腹骨をすき取ると腹の部分の身を削ぎ取る事になります。

ちょうど魚が海底に居れば、砂に当たる部分という意味なんでしょう。

この部位は骨がありますが、脂が乗って味が良いんです。

アコウのすなずり1

魚が大きいと砂ずりも大きいので、食べ応えバッチリですよ。

塩を振って焼いても美味ですが、今回は酒蒸しにしてしゃぶり尽くしたいと思います。

砂ずりに塩を振ったら、長ネギの短冊と椎茸を添えて更に盛り付けます。

蒸す前1

日本酒を振りかけたら、ラップをかけて電子レンジで3分(600W)加熱します。

塩と酒だけで簡単蒸し物、旨いです!!

蒸し器でじっくり蒸すよりも、電子レンジの簡単蒸しは冷めやすい様な気がします。

作ったら直ぐに食べる事をお勧めいたします。



ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ



にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

あぁあ食べたいです!
釣ったアコウは父が昔に伊豆大島で釣ってきたもの以来です。
脂とシコシコの身が共存する魚、なかなかないですよね。

そんな私は手漕ぎボートでタコ釣りの帰りの電車の中です。
1キロ級を2杯捕ったところで潮止まり、釣れる気しないので早揚がりしてきました。

旨魚料理を参考にさせて頂きます!

No title

Collesさん>
ズラズラ提灯行列をやりたいアコウですが、1匹あれば
食べるには十分ですからね。腹身だけで一品できてしまう
サイズの良さが魅力です。
手漕ぎボートでタコですか?ポイントを知り尽くしていないと
厳しそうですが、ナイスサイズ2匹は上手く行きましたね!