FC2ブログ

【旨魚料理】アカエソのさんが焼き

エソはすり身料理で決まり!!

アカエソのさんが焼き2

アカエソ3

今回はアカエソが外道で数釣れましたので、すり身を作ろうと思います。

この容姿ですし、持って帰る人は少ないと思いますが、小骨は多いけど白身で、味はなかなか良いんですよ。

煮たり焼いたりでは今一つですが、さつま揚げやすり身、さんが焼きにすると目からウロコなんです。

下処理したら三枚に下ろしますが、エソの身は何だか頼りないぐにゃぐにゃした感じ...。

アカエソを捌く1

このまま調理しても美味しくない訳です。

腹骨だけすき取って皮を引いたらフードプロセッサーですり身にします。

すり身をフードプロセッサーで1

途中から塩と長ネギ、味醂を加えて回しましょう。

するとあら不思議??、すり身がどんどん弾力が出てきてぷりんぷりんになってきます。

最初片栗粉を少し混ぜようかとおもっていたのですが、これなら全くなしで大丈夫ですね。

粗いツブツブ感があるすり身が良いか?きめ細かい滑らかなすり身が良いか?は好みですね。

アカエソ君は小骨が多いので、今回は滑らかなすり身にしました。

準備ができたらフライパンにサラダオイルを温め、水で濡らした手でですり身を成型しながら落とします。

表面が固まるまでは動かさない事!!(ここ試験に出ます)

焼く1

表面が焼ければ、フライパンを揺するだけで動く様になります。

焼き目が付いたら返して両面をこんがり焼き上げましょう。

焼く3

火を弱火にして蓋をしたら蒸し焼きにします。

仕上げに胡麻油を回しかけて香り付けをしたらできあがり!

調味料は醤油・ポン酢・ソース等々お好みで何でも良いのですが、

今回のお勧めはヤンニンジャン!!

ヤンニンジャン1
ヤンニンジャン原材料

最近気に入って奥方様と行っている京都ラーメンのお店のテーブルに置いてあり、すっかりファンになってしまいました。

ネットで探すと1kgの業務用と130gの家庭用があったのですが、あまりのコスパの違いに業務用を選択。

届いてデカさに驚いたのですが、このまま食卓に出すのはアレなので、蓋付きビンに小分けして、

ヤンニンジャン小瓶1

大きな容器は野菜室に保存する事にしました。

ユウキ食品はこの筋では有名どころですね!

お隣韓国とは国同士が上手く行っていないようですが、国民同士は仲良くしたいものですね。

アカエソのさんが焼きアップ1

焼きたてさんがをヤンニンジャンで!!

これが無くなったら自家製を作ってみたいと思います!



ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ



にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

まるかつさんこんばんは。
ヤンニンジャン、ですか。初めて知りました。
自家製豆板醤がそろそろなくなりそうなので、次回はこれを作ってみたいと思ってしまいました。
また話は変わるのですが、カツオ釣りのブログで出てきたジンベイザメ、日本近海にもいるのですね!
先日夜イカ釣りでジンベイザメらしき3m位の怪しい魚体を目撃したのですが、「まさかこんな所にジンベイザメはいないだろう」って思っていましたが・・なんだかまるかつさんのブログ拝見し、今更ながら本物だったと思えるようになってきました。

No title

ヤンさん>
豆板醤は火を加えて調理時に使う事が多いですが、
ヤンニンジャンはそのままラーメンスープに溶かし込んだり、
餃子に付けて食べたり用途も広いです。
辛い調味料が好きならば、きっと気に入ると思いますよ!!
ジンベイザメが船べりに近づいてきたときはタマゲました。
赤ちゃんと言っても3m位ありましたからね...。