FC2ブログ

【旨魚料理】マルソウダの生姜煮

まさにお惣菜魚ですね!

マルソウダの生姜煮3

マルソウダと言えば血合いが多く、釣れても喜ばない釣り人が多いです。

特に小型の物や時期(夏場)などは敬遠した方が無難な場合があります。

しかし今は冬のど真ん中、そんな時に釣れるのが珍しいのですが、まだまだ水温が高い証拠でしょうね。

マルソウダにしては良型、更に丸々と太っていましたので即血抜きして氷水に入れました。

家に帰って捌いてみると、むっちりしていて案の定脂が乗っていそうな感じです。

五枚下ろしにして一口大の切り身にしたら、生姜たっぷりの濃いめの煮汁で煮ます。

保存容器に入れて冷蔵庫に入れて置いたら、煮汁が緩い煮凝りになって旨そうな事!!

自家製佃煮風でしょうか?

マルソウダの生姜煮保存容器1

小出しに小鉢に入れて数日は楽しめますね。

解して塩もみした胡瓜と合わせた和え物も楽しみです。



ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ



にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

まるかつさんこんにちは。
こちらにも失礼します。
マルソウダ、誤解しておりました。しっかりとした知識があれば美味しく頂けるのですね。
私はまだ出逢った事がない魚ですが、その時がきた際はしっかり対処したいです。
念のため、子供達には食べさせないと思いますが^^;

No title

ヤンさん>
青魚にはヒスチジンという旨み成分があります。
サバやブリなどにはこれが多く含まれているんですが、傷んでくると
ヒスタミンと言う物質に変化し、これが蕁麻疹などの原因になるのです。
火を入れれば大丈夫!と言う人が居ますが、既にヒスタミンになって
しまった物を煮たり焼いたりしても後の祭りなんですね。
マルソウダは血合いも多く傷みやすい事から誤解が生じていると
思われます。