fc2ブログ

【旨魚料理】イサキの炙り刺身

そろそろ寒イサキと呼ばれるコンディションでしょうか?

イサキの炙り刺身2

見よ!このグラマラスな体型を。

まるまるイサキ1

そしてお腹の中は...。

腹の中は真っ白2

これはもう皮ぎしを炙った刺身を食べるしかありません。

三枚に下ろし小骨を処理したら、やや厚めのそぎ切りにして、バーナーで皮目を炙ります。

炙る1

炎が当たると脂が溶けて煙が上がるくらい!!

これは堪りません!!

ここでつまむわけにもいきませんので、グッとこらえて...。

濡らして絞ったキッチンペーパーで表面の粗熱を取ります。

良く氷水に漬けるやり方がありますが、熱の表面積が少ない場合は旨みが流れ出tれしまうので、この方法がお勧めです。

少量のつまを敷き盛り付ければ、お待たせいたしました。

口に入れる時の香ばしさが鼻に抜ける感じ、

そして噛むと歯を押し返してくるような弾力、

あふれる脂の旨さと口いっぱいに広がる旨み。


あぁ、やはり寒イサキは旨いや!!



ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ



にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こ、こ、、これは、、、っ!!

アブラが乗った魚を炙るなんて、、、なんと贅沢な、、、でも旨いでしょうね!!

絶対に美味しいに決まってますよ!!!

握り、手巻き、炙り、、、美味いに決まってますよ!!

エア ヌメウマーーーーーーっ!!!!

こちらは料理長がイナダさんの竜田揚げをつくってもらい!プリプリの弾力でウマーーーっ!でした!( *´艸)

大量祈願っ!!

ヌメーーーっ。

No title

ぬめぞうさん>
うちもイナダの竜田揚げやりましたよ。奥方様は魚がNGなので豚肉で作りました。
生姜を効かせてまいう~でした!!
今回は魚がたくさんあるから晩御飯が楽しみでしょ。もしなくても旨魚料理記事の
写真でエアヌメウマで飲めるかもね?(笑)
正月はまた美味しい魚が手に入ると良いんですが...。