FC2ブログ

【旨魚料理】ゴマサバのコンフィ

低温で90分、じっくりと仕上げました!!

保存容器に入れて」2

コンフィとはフランス料理の調理法で、保存性を上げる効果があります。

フランス語のコンフィルが語源で、主に肉や果物につかわれてきたようです。釣り人としては魚、それも保存し難い青魚で挑戦してみようと思いました。

外道で良く釣れるゴマサバ、型の良いのはエサストックで持ち帰ったり1本位は締めサバや煮付けでオカズにします。

今回は2本キープし、1本は味噌煮に、もう一本をコンフィにしてみました。

三枚に下し腹骨をすき取ったら、強めに塩を振ります。

塩で締める1

下にペーパータオルを敷いて端を折り返したらラップをかけて冷蔵庫へ。

1時間ほど置いておくとペーパータオルがぐっしょりするほど水気が出ています。更に新しいペーパータオルで水気をふき取り、血合い骨を抜き取ります。

耐熱容器に入れオリーブオイルをひたひたになるまで注ぎます。

風味付けに、厚めにスライスした大蒜・鷹の爪・ローリエ・タイムを入れます。

オリーブオイルに入れて1

これをオーブンに入れ低温で加熱します。温度は100度時間は90分です。

100度90分1

あとはオーブンが頑張ってくれますので、自分は他の事ができますね。(楽チンな料理だ~!)

90分経って「完了しました。」とお声が掛かったら取り出します。

出来上がり1

イイ感じですねぇ!!

良い香りがします、直ぐに味見してみたい衝動に駆られますが、ぐっと我慢...。

このまま冷まします。

冷めたところで小分けに切って保存容器へ。できるだけオリーブオイルで覆われるように容器を選んだ方が良さそうです。

保存の仕方によってはかなり長期間OKみたいですが、あまり神経を使わなくても1週間は大丈夫。

オリーブオイルもそのままフランスパンに付けて食べたり、パスタやサラダに使うのも美味しそう!

どんな食べ方をしたのか?改めて紹介しますね。



ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ



にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ゴマサバのコンフィ

オイルサーディン みたいな感じでしょうか

No title

天和さん>
そうですね、オイルサーディンと同じような製法です。低温で時間をかけるせいか、しっとりと柔らかく仕上がります。
少しづつ食べていますが、改めて紹介しますね。