FC2ブログ

【外房・大原】うーむ、色々と話が違うじゃないの...。

釣行日 :2015/11/21
天候  :晴れ・ナギ
場所  :大原 孝栄丸
ポイント:太東沖
同行者 :ポン太さん、今やん
-----------------------------------------------------------------
今日は一日中ポツリポツリ、我慢の釣りでした。

膨らんだフグ1



このところ続けざまに仲間たちが大原フグ詣でに出かけているので、色々と情報が入ってきて助かります。

ただ前日の天気予報では、久しぶりに良い天気で晴れマークなのですが、北西風が吹きそうな予報。まぁ出船に支障のあるような風じゃないんですけどね。

まる 「船長、おはようございます。」

船長 「おはようございます。」

まる 「このところ浅い場所みたいですね、根回りですか?」

船長 「そう、5~7m位かな?前半は砂地で、後半に根回りになると思います。」

まる 「仕掛けを変えるのでアナウンスよろしくお願いします。」

船長 「はい、承知しました。」


今やんが右大トモ、ポン太さんが左胴の間、まるかつが左大トモに入りました。他のお客さんが3名で6名の大名釣です。

4時半に出船、まだ暗い中を太東沖に向かいます。予報と違って風はほとんどありません。(アクアラインの方が吹いてましたね)

出港

30分ほどで到着、まだ真っ暗ですが話の通り水深5mから始めます。

シーン...

船長がスパンカを張りにきました。

まる 「まだフグは寝てるみたいね。」

船長 「もう少ししたら起きてきますよ。」


場所を少し変えて水深7m。

シーン...

今度は少し沖に出してみて水深15m。

シーン...

少し灘に戻して13m。

シーン...

またまた大きく灘に戻って10m。

ここで初めて、コツン!!

アタリましたが掛かりません...。

ちょっと待ちを入れる感覚で、フグがエサをついばもうとしているイメージでアワセると、

ガツンっ!!

他でもアタリが出た様で、船長が、

「顔を見ましたよ、タナはべた底。根掛かりしませんので糸を出して浮かさない様に。」

とアナウンスが入ります。

この場所でぽつりぽつりと上がりました、やっと5匹...。

やっと5匹

やっと周囲が明るくなってきました。

さっきは寝てるんじゃないかと冗談を言いましたが、真っ暗なうちから荒食い乱食いする事もあります。

本当に砂に潜って寝ているとみえ、明るくなって釣れ始まる事もあります。

この灘寄り10mラインも長くは続きませんでした。

明るくなったので少し沖めの15mラインに戻ります。ここでは僚船が4~5杯流していました。

今日は根回りをやるつもりでしたので、やや強めの調子の竿に、PE2号巻のリールをチョイスしていました。

今日のタックル11

仕掛けは朝一暗いのと、浅場が濁っていそうなので夜行系の25号カットウを選択しました。

今日の仕掛け

今日のフグ釣りはなかなか難しいです。

アタリを待ってもフグはエサを食おうとはしません。もちろん空アワセでもかかりません。

しっかり誘って小さいアタリを出させたり、気配を感じて掛けに行かないと釣れないんです。

睡眠不足で体調不良になった今やんは、「上げるとエサが無くなってる。」と叫んでいましたが...。

このまま釣り続けていたんですが、どうやら今日はこの砂地15mラインで一日やるつもりみたいです。

ならばより誘いやすい様に軽い竿とPE1.5号のタックルにチェンジしました。

今日のタックル22

この時点で桶の中は15匹程度、スッカスカです。

タックルを変えて気分転換、軽くなったので疲れにくいです。

飽きずに、嫌にならずに、丁寧に誘ってアタリを呼ぶ。

地道に何とか20を超えてきました。

やっと20匹

結局最後までこのパターン、集中力が切れたらすぐに釣れなくなっちゃう悪いスパイラルに落ちない様にするのが精一杯でした。

何とか30まで行きたかったのですが、28でタイムアップ...。

フグの気配が凄く、落とせばアタリバンバンなんて事は夢のまた夢でした。

ただ、

砂地で釣り易かった。
天気は良く太陽が暖かく、風もほとんど無し。
サイズは小型が中心と仲間のレポにあったのですが、小型は少なく中型中心でした。

という嬉しい誤算もありましたけどね。

落としてしゃくればフグが掛かる、外れ無しで入れ掛かり。あっという間に定量なんてフグ釣りは面白くないんです。(こう言う釣りが好きな人も居ると思いますが...)

難しさがある程度あるフグ釣りが面白いんですが、もう少し活性が欲しかったですね。

フグは久しぶりだったのですが、珍しくガツン中毒の発作が起きていなかったんです。

でも今回行って呼び水になって中毒症状が出てしまいそう...。

もう次いつ行こうか?頭の中は...

【今日の獲物】
ショウサイフグ(28)20~29cm

【今日のお料理】
ショウサイフグ:漬け、フグ茶漬け、トマト鍋、ストック

【今日のタックル・仕掛】、
竿:Gokusupe Gokuevolution フグスティック150、ダイワMetallia KATTOU H-142
リール:ダイワSALTIST ICS 103SH PE2号200m、リョービVARIUSF200 PE1.5号150m
オモリ:25号カットウ
仕掛:25号カットウ、ハリス14号0.8mm径パイプ補強22cm+11cm2段バリ、カットウ針(中)
 幹糸4号80cm中間に自動ハリス止め+パイプでハリス3号10cm丸カイズ13号、コンビニ袋ヒラヒラ

【エサ】
アオヤギ(船宿支給・持参)、むきエビ(持参)

【費用】
乗船料10,000円

【交通費】
3,700円(2人割り勘)



ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ



にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様でした。

大原のフグだったのですね。
適度な活性で難しくもあり、けれど終われば土産充分で良い釣だったのではないですか。
私は入れ食いの方が好きですが(笑)、こういう釣りも面白いと思います。

No title

まるかつさん、お疲れさまでした。

まさかあの凪でやられてしまうとは思いもしませんでしたよ。。

ほんとフグ釣りの奥の深さを感じた1日でした。
今日は腸が無くなることだけが私の気持ちをつないでましたよ(^^;)
私も20匹まで頑張ろうと思ってたんですけど、19匹釣ったところで目眩がして座っていられませんでした。
金曜日、大洗にいってきまーす。へへへ

No title

この日は暑いくらいで 11月とは思えませんでしたね!
とても難しそうな1日だったようですが やりがいもあった感じでしたか!?
サイズの誤算も 良い方に転んで(^_^)v
いくら定量まで釣れたとしても チビばかりじゃね~^^;
禁断症状が治まるのは いつになるんでしょ!?

No title

まるかつさん お疲れ様でした。
良型、中型も多くて型は良かったですね。
私も、もう一度位行きたい妄想にかられて
いますが、大原のフグ祭りは終わりになって
いるかもしれないです。^_^;

No title

まるかつさん、お疲れさまでした。

少し前の定量続出は終わったようで、どうやら、いつもの大原ぺースに戻ったようですね。
今回は砂場だったようで、釣り易かったと思います。
私が行った時は、大ウネリと根の中が大半で、食いは低調だし、竿操作にも疲れました...釣果もイマイチ(20尾)で、早くリベンジに行かなくちゃと思っています。
その内、孝栄丸でお会いするかもしれませんが、その時はよろしく。

No title

はじめまして。
私も昨日行って来ました。
爆釣を期待して行きましたが私には難しい釣りでした。
誘いながら釣りをしていたとのことですが、誘いとはどのようにされたのですか?
もし宜しければ教えて下さい!

No title

マルソータさん>
入れ食いはフグ釣りをした満足感が無いのですよ...、いくらたくさん釣っても心は満足しないのです。
フグのストックは冷凍庫にあるしね、食べるには20もあれば十分なんです。でも釣るのはたくさん釣りたい、複雑です。

No title

今やん>
風は無かったけどウネリがあったからね、それに寝不足だったんでしょ?
昨日のフグは難しかったです。あの手この手を繰り出さないと相手にしてくれない感じ、もう少し活性が上がって盛り上がりがあれば満足だったんだけどね!

No title

マルッチPPさん>
沖上がりしてお昼を食べている時の日差しはジリジリして真夏みたいでしたよ。
前週の汐留さん・あかべーさん情報で型が小さいと聞いていましたが中型中心で良かったです。
禁断症状はねぇ、釣れても釣れなくても無くなることはないんですよ...。

No title

汐留さん>
良型はいなかったです、でも小型も少なかったですけどね。根回りに群れていた小型はどこかに移動してしまったんでしょうか?
大原のフグはまだまだこれから続きます。来年の禁漁まで好不調を繰り返しながらまだまだ先は長いです。
大洗は来月ヒラメが始まれば一時休止、鹿島の様子も気になるところですね。

No title

楽釣翁さん>
小型の定量なら、中型の20~30の方が私は嬉しいです。でも一日の中で一盛り上がり位は欲しいですね。
一日中集中力を継続させるのは大変ですからね。神経衰弱みたいなフグ釣りは疲れちゃいます。
そのうち大原の船上でお会いしましょう!!

No title

novuyukyさん>
他の船に乗られていたのですね、お客さん満載の船もありましたね。
誘いですが、
・カットウで底を静かに小突いてステイ
・50cmほど仕掛けを上げてフグに見せてから、ゆっくり下ろす
・底に着くか着かないかで小刻みに上下動させてからステイ
などの動きをしていました。
他にも色々あるんですが、今回有効だったのは小突きでしたね。

No title

誘ってもらったのに、ご一緒できずにすみませんでした。
海は良かったけど、魚のご機嫌はいまいちでした?
でも、28なら悪くはないんじゃないですか^^v
楽しくないって言う”入れ食い&早上がり”、一度味わって、「やっぱり、つまらないですねぇ」なんて言ってみたいです。^^;;

No title

ん~、フグ釣り。こういったパターンで嵌るんでしょうねwww
けど、先週とはポイントが違うんでしょうね、10m越えた水深はなかったような?
また行っちゃうしかありませんね^^v

No title

すずきんさん>
そう、オカズ的にはOK牧場ですよ。
でも盛り上がりが一度も無く、だらだらジメジメした感じ。集中力が切れそうになるんだけど、切れたら釣れなくなる...わかるでしょ。
フグの面白さはたくさん釣れる事じゃないんですよ、その辺りが複雑な心理なので中毒症状になるんでしょうね。

No title

あかべーさん>
汐留さんとあかべーさんがやった場所も朝一でやりましたよ。水深5m、全く音信不通でありました。
少し沖に出した15mダチが主戦場でしたが、1週間で海の中は様変わりしちゃうんですね...。
小型で沢山が良いか?中型でそこそこで我慢するか?
フグに嵌ると止められなくなりますからね。

ありがとうございます

誘いの仕方をご丁寧に教えて頂きまして、ありがとうございます!
今度、是非試してみたいと思いますー

No title

novuyukyさん>
お役にたてれば幸いです!
是非今度ご一緒しましょう。