FC2ブログ

【旨魚料理】ユメカサゴの炊き込みご飯

一度作ってみようと思っていたんです!

ユメカサゴと枝豆の炊き込みご飯1

刺身でも、煮ても焼いても揚げても美味なユメカサゴ、中深場外道の代表選手です。

あらで作る潮汁がまた美味しいので、一度炊き込みご飯にしてみようと思っていたんです。

ユメカサゴの頭でだしを取ります。

だしを取る1

とにかく浮いてくるあくを丁寧に取る事が大切です。

潮汁にする時はだし昆布も入れるのですが、今回はご飯を炊くので入れずにだしを取ります。

もちろん潮汁も作りますので多めにだしを取り、あとから粉末の昆布だしを加える作戦です。

今回はじじばば二人分なので少な目米1合。この時期炊き込みご飯は傷みやすいですからね...。

米を研いだらユメカサゴだしを注ぎます。(少な目が良いですね)

そこに三枚に下し腹骨・血合い骨を取り除いた身を入れ、中骨を追加だしとして乗せます。

この時、中骨に付着した内臓の残りや血合いをしっかり取り除く事が大切です

味付けは塩をパラリパラリ、醤油を数滴加えます。

炊き始め1

準備ができたらスイッチON!!

あとは炊飯器が頑張ってくれます。

今回は彩りと食感で枝豆を加える事にしました。

この枝豆、愛弟子ぴーぽんが毎年畑で収穫して送ってくれる極上品。

前の晩食べて残った枝豆をさやから取り出しておきます。

炊飯が終了し蒸らしに切り替わるタイミングで中骨を取り出し、代わりに枝豆をお釜に投入します。

炊きあがって保温モードに切り替わるとこんな感じ!

炊き上がり1

美味しそうでしょ!!

これにユメカサゴのお刺身・潮汁・小鉢がついて、じじばばの夕食準備完了。

おく 「今日も美味しそうね!休みの日は待ってるだけで良いから幸せだわ。」

まる 「......。」

長く平和に過ごす秘訣かも知れません?




ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ



にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

まるかつさん、
この枝豆は、豆本来の匂い(香り)、粒の大きさ、甘味、すべてにおいて極上ですね。
先週、久々に真鯛ごはんを作ったので同じことを考えたのですが、チビの枝豆の食べ方が半端なく速効で完売、時すでに遅しでした。
7~8月はdeep月間になりそうなので、2便が届いたらドリームカサゴでやってみます!

No title

まるかつさん これも美味しそうですよ。
枝豆の緑と、カサゴの上品な白身が絶妙な
コントラストです。う~んマンダム級ですね。(^_^.)

No title

りんりんパパさん>
お汐さんがお猿さんみたいに両手で枝豆を食べている可愛い姿が目に浮かびます。
この豆は味が濃いから、そのまま食べてもご飯に入れても存在感バッチリですよね。
このメニュー、女性受けが良かったですよ!

No title

汐留さん>
さすが渋さがわかる男ですね、マンダム!
ユメに枝豆色のきれいさだけでなく、じんわり来る旨さがポイントです!