FC2ブログ

【旨魚料理】ワラサの手こね寿司・青唐辛子味噌版

特に手で捏(こ)ねる訳じゃなくて...、乗っけ寿司です。

ワラサの手こね寿司1

Wikipediaによると、

鰹や鮪などの赤身の魚を醤油を中心としたタレに漬け込んだ後、寿司飯へと合わせて食べる。好みにより、大葉や生姜、海苔などをちらす。観光案内では漁師が漁の合間に食べた食事がもとであり、考案したのは志摩町和具(志摩市)の漁師とされ、沖での忙しい鰹漁のさなかの食事として、獲れた鰹を千切りにして醤油を付け、炊きたてのご飯に手で混ぜて食べたのが始まりとされる

だそうです。

志摩地方だけでなく、全国各地のちらし寿司のようなものだそうですよ。

我が家では酢飯に漬けを乗せた物を乗っけ寿司と呼んでいますが、今日は手こね寿司という事で!

女性陣向けに一口サイズに作ったワラサを醤油・味醂・おろし生姜30分ほど漬けておきます。

ワラサのづけ1

生姜ではなく柚子胡椒にしても旨いです。

 →ワラサのづけ丼

づけ丼というネーミングですが同じ様な料理ですね。

薬味として大葉と分葱を刻んでおきます。

大葉とネギ1

酢飯を作ったら白胡麻刻んだ大葉を振り、ワラサのづけを乗せます。最後に細く切った海苔を天盛りすれば出来上がり。

ワラサの手こね寿司生姜醤油2

こちらが女性陣向けのワラサの手こね寿司です。

オプションとして、

漬けにしないワラサを乗せて、 特製青唐辛子味噌を乗せてみました。

青唐辛子味噌2

辛いのでまるかつ専用ですけど、実はコレが今日の本命料理であります。

ワラサの手こね寿司アップ2

これまた結構な刺激とお味で最高ですよ。

今年のワラサは脂乗りも良く締まって旨いですなぁ!!



ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ



にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント