FC2ブログ

【旨魚料理】コモンカスベのムニエル

エイヒレ、美味いんだよね!!

コモンカスベのムニエル1

フグ釣りの外道で釣れたコモンカスベ

コモンカスベ2

船上でヒレ部分を切り取って持ち帰りました。

船長も後ろから、「コレ煮付けで旨いんだよなぁ!!」と舌なめずり。

エイヒレ部分1

皮を剥かなくてはなりませんが、そう簡単な作業ではありません。

まず水洗いして、ペーパータオルでヌルヌルをしっかり拭き取ります。

皮と身の間に庖丁の先で剥き始めのきっかけを作り、皮も身も乾いたペーパータオルで掴んで指を間に入れながら剥いていきます。

簡単にぺりぺりと剥けると思ったら大間違い...。但し、ある程度向けると力ずくで結構スムーズに剥くことができます。

皮を剥ぐ1

破れたり千切れたり、2×2枚剥くのに結構な枚数のペーパータオルを使ってしまいました。

皮を剥いだ状態1

下拵えができたら、程良い大きさにカットして、塩コショウで下味を付けます。

下味を付ける1

焼く直前に小麦粉を両面に振り、フライパンにオリーブオイルを多めに入れて温めます。

焼き始めたら直ぐに動かさない様にします。火が入るにつれ、縮んで丸まろうとしますが致し方ありません。

返したら、蓋をして揺すりながらこんがりと焼き上げます。

コモンカスベのムニエル3

エイヒレのムニエルはフランス料理でも出すそうですよ。

軟骨のコリコリ感が秀逸です。

居酒屋のツマミで出てくる乾いたエイヒレとは格段の違い、初めて食べたら次回以降必ずお持ち帰りでしょう!



ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ



にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

エイヒレのムニエル

エイヒレは高級素材でしょう
・「エイヒレのムニエルはフランス料理でも出す」
そんな高級料理は食べる機会がありません
ワインが欲しくなります
(本日は週末なので休肝日ではありません(笑))

No title

ひやっ、これは旨そう
珍しい外道で釣れたら是非食べてみたい
「ウツボ」にまた一品目「コモンカスベ」が
加わりました~って、どちらも会う機会ほとんどなさそうな(笑)

こんな食材と料理法が世の中にあったとは、初めて知りました。
検索するとイタリアンでも出てきますね。
驚きですが、釣りで食材調達するのはかなりハードルが高いですね。
だからこそ貴重なんですね。

No title

まるかつさん
いや~こんな感じで料理するんだって思いました。
皮をむくのは本当に大変そうですね。
その前に、船上でひれだけさばくのも大変そうですが、船長が言うくらいだからムニエル食べてみたいです。
っが、外道で掛らないとどうしようもないですね(笑)

No title

まるかつさん 皮を剥ぐんですね(^_^.)
私は皮のまんまやいちゃいました。
また釣れたらやってみます。!(^^)!

No title

天和さん>
コレは白ワインでどんぴしゃでしょう!!
エイヒレが高級食材とは思いませんが、変わった食感と噛むほどに出てくる旨さは秀逸です。

No title

きよりんさん>
ウツボは蒲焼・南蛮漬けが旨いんだよ。
知らなきゃこんな外道は食べてみたいと思わないものね。
きよりんの立ち回り先じゃチャンスは少ないかもな...。

No title

ヨシケンさん>
常磐・外房のフグを始めれば遭遇する可能性はぐっと高くなりますよ。
一度美味しさを知ったら、必ずお持ち帰り必至でしょう。

No title

たー坊さん>
皮を剥くのはきっかけを作るまでが結構大変です。
船上で捌くのは簡単、骨も柔らかいしね。トントンと出刃で落とせばOKなんですが、大きくヒレ部分を取られた胴体(尻尾付き)が何だか哀れな感じでした。

No title

汐留さん>
やっぱり!!
そうじゃないかと想像してました。家族には不評だと書かれていたので...。
エイヒレはやはり皮なしですよ。